血管年齢は、血管の柔軟性が重要です。動脈硬化で傷んだ血管は、古いゴムホースのように脆く壊れやすい状態です。柔軟性を失って硬くなってしまうのですが、この柔軟性を保っているのがコラーゲンです。動脈硬化を予防することも大切ですが、一方でコラーゲンを補って、柔軟性を失わないようにしなければなりません。

ところがコラーゲンは体内で生成されるものなので、コラーゲンを直接食べても血管の柔軟性を保つことはできません。コラーゲンを作る栄養素を摂ることが大切です。主な栄養素は、たんぱく質(アミノ酸)です。しかし、これだけでは十分ではありません。コラーゲンを効率よく作るために欠かせない栄養素が「珪素」です。

珪(ケイ)素とは、必須ミネラルの一つで得意分野がコラーゲンです。みなさんもご存知だと思いますが必須ミネラルには、それぞれ得意分野が存在します。カルシウムは骨を作ります。カリウムは血圧を調整します。亜鉛は精力です。このように得意分を持っていますが「珪素」はコラーゲンを得意分野としているので、コラーゲンの生成には欠かせない栄養成分なのです。

ところが珪素は、とても吸収しにくい栄養素です。海藻や穀類の食物繊維を構成している成分です。ご存知の通り食物繊維は消化されずに排出されてしまいます。そのため食事だけでは珪素の補給が足りないと言われています。

そこで、血管の柔軟性を高めるコラーゲンを増やす珪素を効率よく摂取できるサプリメントが開発されました。それが珪素サプリです。あまり聞き慣れないキーワードですが、医療先進国ドイツでは、珪素サプリが健康部門の上位を独占しています。国内での人気も高まっており健康雑誌や美容雑誌で特集が組まれるほどです。

わたしはお勧めする製品は「珪素ちから」です。珪素濃度が高くコストパフォーマンスも最高!ぜひ試してみてください。

珪素のちから徹底検証