アディポネクチンとは?

わたしたち人間は誰もが、アディポネクチンというホルモンを分泌しています。

このアディポネクチンは、1996年大阪大学医学部の松澤教授によって日本で発見され、世界中が注目しているホルモンなのです。

また、アディポネクチンは、超善玉ホルモンや長寿ホルモンとも呼ばれています。

その理由は、生活習慣病から体を守る作用が認められたからです。主に糖尿病や高血圧の原因である動脈硬化を防ぐ作用が確認されています。

金さん銀さんなど、長生きしている方のアディポネクチン分泌量を測定すると、一般の方よりも多いことも分かっています。つまり長寿のためには、アディポネクチンの分泌が欠かせないもので長寿ホルモンと呼ばれるようになりました。

アディポネクチンが血管を修復する

最近はテレビの健康番組でも血管年齢と健康の関係が取り上げられるようになりました。

そのためか血管年齢を気にして、食生活や生活習慣を改善する方が増えました。

しかし、最も効果が期待できる方法は、アディポネクチンの分泌量を増やすことと考えられています、

先ほど説明したようにアディポネクチンは動脈硬化を改善する作用があります。

これは固くなった血管を修復して、若々しく柔軟性のある血管にします。その仕組みは、以下のようになっています。

アディポネクチンは体内の脂肪細胞が分泌します。分泌されたアディポネクチンは、血液と一緒になって血管を通り、全身の隅々の細胞まで流れます。

その間に血管が痛んでいると修復してゆくという仕組みです。つまり血管年齢を若く保つためには、アディポネクチンの分泌を多くすることなのです。

アディポネクチンの分泌を増やすためには!

アディポネクチンの分泌量を増やすためには、適度な運動が必要です。

NHKのためしてガッテンでも紹介された方法が、インターバル速歩がいいと紹介していました。

また、アディポネクチン研究の第一人者である岡部正院長は、様々な論文の中からアディポネクチンの分泌を促す栄養素を発見しました。

そして、その栄養成分をもとにサプリメントの開発に成功!現在は、DSアディポという栄養補助食品として発売されています。

このようにインターバル速歩を行いながら、サプリメントを活用するのも、アディポネクチンの分泌量を増やす方法ではないでしょうか?

もっと詳しく知りたい方は、アディポネクチンを増やすサプリ@人気ランキングをご覧ください。